2019年10月13日
フリーランスが仕事を取るためにすべき・やっておくべきこと
2019年10月13日

プライスリスト(価格表)をもつ わかりやすいプライスリストを持っておきましょう。はじめは自分の中だけにある価格表でもかまいません。都度価格を考え直すのは効率が悪いです。おおよそでも構わないので基準の価格を作っておき、そこからの差分や値上げ値下げという形にしておくのが楽ですし、提案に説得力が増します。 オフライン・オンライン営業のどちらかをマスターする ある程度の営業力がないとものが売れません。オフライン営業が得意な人。オンライン営業が得意な人の両方ありますが、できれば両方できることに越したことはありません。 ただし、オンラインの営業はよく言われる、「寝てても遊んでも営業してくれる営業部隊」です。なので、オフライン営業が得意な人でも、できるだけオンライン営業はできるようになっておくことに越したことはないかと。 「強み2つ以上+オンライン営業力」があれば、在宅で仕事をできるくらいにはなるのではないかと思いますよ。 情報発信する SNS、ブログ、Youtubeなど、何でも構わないので情報発信をしましょう。一つ勘違いに陥りやすいことがありまして、情報は「発信することそれ自体」にも価値があるのですが、仕事獲得の場面では、情報それ以上に信頼関係の構築に重きを置くことをおすすめします。 情報がありふれている時代だからこそ、あの人の言っていることだから聞こう、あの人の売っている商品だから買おう、あの人がおすすめしていたから見てみようみたいな、「個人的なつながり」が重要になってきます。 コミュニケーション力や人脈みたいなテクニックではなく、何かしらの形でWEBでの信頼(強み)の構築に時間を充ててみると良いと思います。 当サイトはXserverで運営中です。一度もトラブルに巻き込まれていないのと、速度も十分でおすすめ。レンタルサーバーをお探しの方はぜひ。 見える化する ポートフォリオ 記事 作例 サイト集 パンフレット などなど。 どんな形であれ、フリーランスになるのであれば、知識やスキルを「見える形」にしておくことです。仕事を受けるときに「ここを見てもらえればいい」ってものをつくっておくこと。 ※簡単なものでも大丈夫ですが、ポートフォリオ制作のスキルが必要です。もしくは、お金を払ってポートフォリオを誰かに作ってもらうかのどちらか。最低限「商品・サービス」を作るスキルと、「ポートフォリオ」を作るスキルの両方が求められます。 理想論の罠を避ける 言っているようで何も言っていない理想論に頼らないことです。例えば、高い100の理想を掲げて行動0より、1の小さな行動を積み重ねている人の方が最終的に成果を残します。 小さな子どもがパイロットになりたがることと、現実的に航空大学校でパイロットの勉強を始めることでは重みがだいぶ違いますよね。ここで言っているのは「理想を持つな」ということではなく、「理想論だけに頼らない」ようにすることです。 フリーランスとして、1000万円プレイヤーになるという目標があったとします。1の行動に落とし込むまでは妄想なので、非常に簡単です。そこからなにかを購入し、新しい物事を始めようとしたり、新しい何かを覚えて形にできるようになることが一番苦しい作業です。具体性のある「苦しい作業」から逃げないようにしましょう。自分への戒めを込めて書いておきますが。 例えば、規模をバカにすることも同じです。小さなことを始めた友人に対して、「そんなちょっとじゃはじめても意味ないよ」とかを言ってしまったりしていませんか? 小さな独自性を持つ 「あなたに頼んでも”いいかもしれない”強み」を考えておきましょう。「絶対”あなたにしか頼まないほどの”強み」なんて物はそうそう無いので、それを考え出すと消化試合になりますし、上に書いた理想論の罠にはまります。 ちょっと人よりできることを色々作りましょう。そうすることであなたの独自性になっていきます。 好きなことを仕事にすることの意味 ※仕事を取るためにすべきこと、やっておくべきこととはちょっと変わりますが。 好きなことを仕事にするメリットは、「最初の苦しい作業」が「やっていて楽しい作業」になるからです。好きなことをやるのは楽しいし、体力を消費するどころか、むしろ元気になったりもします。 仕事にするまでは、「自発的にやっていること」を選ぶのがおすすめです。スキル獲得が非常に楽になるからです。 「言われるまでやろうとしないこと」を自分の仕事にしようとすると、ただでさえしんどいことがよりしんどくなったりもしますので、あまりおすすめできません。せっかく自分で仕事をするのであれば、自分のやりたいと思ったことを選択したいですよね。 →もう少しだけ、好きなことを仕事にする意味をしっかり書いてみます。

Read More
2019年10月13日
国内最速と名高いnuro光に切り替えたので、実際に使ったレビュー
2019年10月13日

光回線切り替え フレッツの速度低下が顕著だったので、NURO光に乗り換えた。 ※これは解約直前に計測した結果。夜間と昼間。別日に測定。 ダウンロードが4G回線より遅い… == 夜間も昼間も速度低下がひどかったので、NURO光に切り替えを決意した。4Gの方が早いことが増えてきて、流石に切り替えた方がいいかなと。 他の申し込んだ人のレビューを見てみた感じ、値段そのまま(むしろちょっと下がる)で速度が上がるなら、切り替えない理由がないと思って、7月末頃に申し込みした。 違約金は数万円かかるけど、その分キャッシュバックが付いてるので、お小遣い付きで相殺できる感じ。 NUROの特徴として、電柱の分岐点から直接ケーブルをひっぱってくるので速度が出る(らしい)けれど、その分かなり開通までに時間がかかるのがデメリット。 なので、「引っ越しと同時に回線が使いたい」とかのニーズは向かない。 すでに回線があって、 ・NUROの接続後に既存回線の解約・モバイルWi-Fiからの切り替え ならかなり快適に切り替えることができるはず。 あと、セキュリティサービスも無料でついてる。 ロシアのセキュリティ会社であるカスペルスキー。 比較的信頼しているし、バランスが取れている気がして、個人的にも好きなので、家族のパソコンにインストールしてあげようと思う。 もう一つ。無線LANルーター内蔵なので設定に詳しくない人や、無線LANルーターをわざわざ用意したくない人にもおすすめ。ブリッジ・ルーターとかって言葉が分からないのであれば、無線LANルーターが内蔵されているところを選ぶと楽だと思う。 カスタマーサポートは利用していないので、そこは評価できないけど、室内工事の人も、屋外工事の人も対応はよかった。 結果的に開通までは一ヶ月ちょっとかかった。ただ、速度を考えれば大満足。今後徐々に速度が下がらないことを祈るのみ。 代理店は色々あるけれど、公式が手続き面でもキャッシュバック面でもおすすめ。 NURO 光   屋内工事 1回目の工事は屋内がメインなので、最初から最後まで立ち会いが必要。我が家の場合は1Fのベランダ〜1Fの部屋での作業がメイン。一度、設置場所の再調整に時間がかかってしまったけど、それ込みでも1時間はかからなかったはず。順調にいけば30分ちょっとで終わりそうな感じ。 屋外工事 午後指定だったのに15時過ぎても来なかったので結構焦った。これ本当にくるのかって感じで。確か午後前半にした気がしたんですけど、これは僕の気のせいだったかも。 結局時間は16時からになって、何とか屋外工事完了。 接続開始 ONUの電源を入れるだけで有線ランにはつながる。無線LANルーターは内蔵されているので、電波の調子がよさそうであれば、今まで使っていた無線LANルーターはリセットして売ってしまう予定。 計測結果はこちら     びっくりするくらい早い。切り替えて良かった。代理店は色々あるけれど、公式が手続き面でもキャッシュバック面でもおすすめ。 NURO 光

Read More
K
2019年10月12日
K.Yairi RF-130を買ったのでレビュー
2019年10月12日

手持ちのエレキギターを売って購入しようと常々考えていた、小型アコギ。 レビューって程レビューできる腕もないのですが、ちょっとだけご紹介。 今回購入したギターのスペック。小さめのオール単板ギターです。 K.Yairi RF-130 トップ スプルースネック マホガニーサイド・バック ホンジュラスローズウッド(ニューハカランダ)指板・ブリッジ エボニー   材質の解説はこちらが詳しいです。 →http://www.yairi.co.jp/catalog_wood.html 新品だと30万円近くしてしまうので、もちろん中古での購入。しばらく弾き込んでメンテもしっかりがんばります。   素材解説は以下。 トップ スプルースの中で最も高い弾性係数を持ち、アコースティックギターの表板としては、理論上最も望ましい特性である。時とともに薄茶色から飴色に変色するのも愛好家を魅了する。良質の物が入手し易く、弦楽器のトップ材として定番となっている。 ネック マホガニーには、主にホンジュラスやアフリカでの物がサイド/バック、ネック材として使用され、特にホンジュラス産のものが最高と言われている。サウンドは軽く明るいのが特徴で、繊細なフィンガースタイルからダイナミックなふらっとピッキングまでオールラウンドに楽しめる。 サイド・バック 別名ニューハカランダ。ハカランダに代わる高級サイド/バック材として使用される。重量はっや重めで、耐久性に優れている。カラッとしたアタックの強いサウンドが特徴である。美しい不規則な木目はハカランダと見分けがつきにくい物もある。 「ハカランダ」って豆の木ってのが驚きですね…豆の木が伝説になるとは、、、 ポリッシュはこれがおすすめ。10年くらい前に初めて買ってから色々な人にオススメして、色々使ってます。スピーカーや家具にも使えますよ。 →Ken Smith formula polish チューナーはTCのこれ。 →Tc Electronic Polytune クロスは安くて厚みがあって、質の良いこれ。拭きがい?笑、がありますよ。 →Morris クロス 今考えてるのが、機材をしっかり使ってYoutubeに練習記でもアップしていこうかなあ。楽しそうだし。 公開したらまたブログに書きますね。

Read More
2019年10月11日
フリーランスが調子を維持するための日々の習慣
2019年10月11日

楽しみを組み込む・無理をしすぎない 調子を崩したら誰も責任をとってくれません。きついと思ったらすぐに休みます。仕事も楽しくないときにやっても全くパフォーマンスがでないので、事務作業とかだけで、何かを作ったり改善したりは全て調子の良いときに集中させています。 ある程度調子の良いときだけでやっていけるくらいの精神力と仕組みを作ることは必須かもと最近考えていて、休み=収入がなくて怖い=サボっているにしてしまうと、休んでいても苦しくなるんですよね。 休み=楽しい=自分でコントロールしているにしておけば、仕事に戻ったときにもより良いパフォーマンスを発揮できるのではないかなと。 読む 何かを読むことはかなりのストレス解消になるそうです。気軽に読む漫画と、さっくり読むビジネス書、気合いを入れて読む重めのビジネス書、娯楽の小説、実用書のような感じで分けています。 最近読んだ漫画でおすすめはファイアパンチという漫画。友人からチェーンソーマンという漫画を薦められ、前情報なしで読んだところ非常に面白かったため、同じく前情報なしでチェーンソーマンはチェックしました。 元気なときに読まないと疲れる可能性がありますので、ファイアパンチは余裕のあるときにぜひ。 楽しむ 映画や音楽や楽器を触ってほどよく息抜きしています。全力で練習すると言うより、あくまで息抜きに軽く触る感じですね。 最近アコギを購入しまして、その記事も改めて書く予定です。 書く 頭の整理ができるので、よく書いています。書くのは主にパソコンが多いんですが、たまに紙を使って考えたりもしますね。 飲む プロテイン、水、おばあちゃんがくれた青汁、酒。 これらを意識して飲むことで、かなり元気をもらっている実感がありますよ。お酒については量を気にしているんですが、缶1本〜2本くらいまでなら、寿命が延びるって研究もありますので、ほどよく日々飲んでいますね。 友人と遊んでいるとき以外、昼から飲むことは流石にないですが。 ランニング 結構波がありますが、時々走るとやっぱり良いですね。 筋トレ たまーにやる程度。 SNS ほんのちょっとだけ使っています。全くメインでは使っていないですね。どんな発信が受けるのかの実験用に使っていますが、まだ25いいねに到達したことがなかったような。もっと質を上げないとダメですね… サプリメント 色々なサプリを調子に応じて取っています。過信はしていませんが、ないより言いカナーくらいな気持ちで、気楽に飲むと結構面白いですよ。 昼寝 15分だけ昼寝をするとその後の仕事の効率が大幅に変わるそうです。特に夜10時くらいや、夜中2時くらいまで仕事してしまうこともあるので、昼寝を取り入れることが、必須な感じもしてきました。 →コーヒーナップの効果 植物・自然 田舎の人が東京に憧れ、東京の人が田舎に憧れるのと近いものがあるかも。 定期的に釣り(海・渓流)、キャンプ、登山などなど、自然にふれあえるイベントを挟んでいます。 あとは仕事場にグリーンを置くと良い効果があるそうだったので、ちょっと育ててます。気持ち的にも良い感じ。意識せずとも、僕らには原始人の血が入ってるんでしょうね。

Read More
2
2019年10月10日
2019年10月の目標
2019年10月10日

久々の目標記事。 アコギ。アコギをまた買うことにした。弾きやすさと音量の関係から、小さめのアコギを選ぶ。スプルースとホンジュラスローズウッド(ニューハカランダ)とエボニー、オール単板のちょっと良いギター。アコギは気楽に弾けるのと、配線や細かな機材類で部屋がゴチャゴチャしないのでいい。 植物。癒やされるために植物を置くことにした。空気も浄化されそう。あんまり意識はしていないけど、科学的にもグリーンを置くと効率が上がるとメンタリストDaigoが言ってた。 プログラミング練習。もうちょっとだけでも、プログラミングができるようになりたい。まずはHTML+CSSのスキルをもっと深めるところから。あとはWebサイトデザインがちゃんとできるようになりたいので、少し勉強する。 英語勉強。海外旅行に備えて英語の勉強をすることに。どんすらぽんシリーズがあったのでそれと、基本の英会話みたいなやつでざっくりとした勉強だけする予定。あんまりしっかりはしない。最低限。 瞑想。瞑想をして無駄な考えを反芻しないようにしたい。 ランニング。同上。走っている最中にラジオを聞いて仕事関連の勉強をする。 アロマ。疲れを取るのに良さそう。一回買っちゃえば、コスパがいいものは凄く好き。カメラや植物然り。あとは部屋のニオイが取れそうな効果も。 片付けの習慣化。部屋を片付けたので、定期的に片付けの時間を取って状態を維持したい。スピーカーと植物と空気清浄機を置いて浄化した。 アジア圏旅行。考える前にとっとと行かないと一生行かなそうなので。だけど、約束がちょこちょこ入っているので、そこから上手くずらせるかどうかが課題。飛行機の値段と約束の日程と応相談になりそう。 モーニングノート。朝に考えを整理する何でもノート。なんかの記事で読んだので試してみる。 もっと読書。週3冊くらいを習慣化したい。本を読むと文章力アップが如実に分かるようになる。 もっと映画を見る。良い映画を見て感性を刺激する。プライムとNetflixのウォッチリストからちょこちょこ見ていく。

Read More
2019年10月10日
フリーランスの休み方を考える&休み方のコツ
2019年10月10日

フリーランスは仕事の時間は比較的短いんですが、下手すると365連勤になりかねません。そもそも、仕事をしている日、していない日の区切りがないので、下手すると好きなことがそのまま嫌いなことになる可能性もある。 ちょっと休み方を考えないといかんなあとと思ったので、ブログに休み方と、休み方のコツを残しておこうかと。 読書をする 娯楽系の小説から、その他実用書などなど含め、読書をしている時間は強制的に休める。休む時間を増やしたいと思ったら読書を取り入れたいですね。 インプットになる+休める でかなり理想的な休み方。 映画を見る これも強制的に2時間くらい休める時間の使い方。 結構な割合で仕事しながらになっちゃうんだけど笑 アマゾンプライム Netflix に登録してます。 あとちょっと種類は違うけど、Dアニメストア。アニメは25分とかなので休憩がてら見やすいんですよね。 旅行に行く 旅行に行ってもどうしても終わらせない仕事とかがあると休めない。旅行中でも仕事ばっかりになる可能性があるので、できるだけパソコンは置いていくようにしたいですね。どうしてもの時は仕方ないですが。 スマホだけが一番身軽で、+iPad、+Macbook Pro 15の順にヘビーになってくる。なので、できるだけiPadまでで済ませられる仕事しかしないことを旅行中は心がけるようにしています。 ランニングをする 朝or夜の時間帯に軽く走ってます。カツカツに走りすぎると疲れから次回のやる気が起きないんですが、軽ーく走ることで、ちょっと走り足りない感じが残るので、継続したいときは軽くから始めるようにしています。 ランニングシューズの買い換えを考えてみたんですが、まだ良いかなあ。 アウトドアを楽しむ 普段パソコンに向き合う仕事ばかりな分、強制的に自然に触れる機会を作りましょう。具体的には釣り、キャンプ、登山の3つ。 釣りをする 自然に触れるその1。ルアーフィッシング、渓流釣り、エギングなどなど。奥多摩、長崎、伊豆、伊東、三崎、東京湾なんかで釣りをしました。三崎と東京湾は釣れず… キャンプに行く 自然に触れるその2。富士山の近くのキャンプ場や、奥多摩の氷川キャンプ場によく行ってます。キャンプ道具は布や金属の最新の技術が使われていたりもするので、調べるだけで面白いですよ。 登山に行く 自然に触れるその3。たまーに登山に行くと疲れるけど癒やされる。 ひたすらゴロゴロする ひたすらゴロゴロするのもたまには良いですね。プレッシャーがでかい分、定期的に色々と忘れて休みたくなります。 コツ1 平日をねらう 平日をねらって休めばどこもすいていますし、平日の特典や平日が安い場所もあるので結構便利です。優越感と、何やってるんだろう感が半々くらいですね。笑 コツ2 連絡を完全に絶ちきる日をたまにつくる 常時監視状態になると精神的に良くないので、連絡を18時間くらいしない日を無理矢理作るようにしています。当たった人には申し訳ないですが。働いている実働の時間が短いとはいえ、永久連勤はしんどくなってくることがわかります。 フリーランスの場合常時時間換算されているといっても過言ではないですしね。

Read More
2019年10月9日
フリーランスが将来やりたい、やってみたい事業を書いてみる
2019年10月9日

気合いを入れるために、将来やってみたい事業を整理してみたいと思います。 ブルワリーの立ち上げ ブランディングとデザインとWEBと映像を活かして、ブルワリーを作ってみるのも面白そうです。海外に行ったらブルワリーを見学してみたい。 海外のクラフトビールメーカーである、パンクIPAが出している本を読んでみます。自分の好きなフリーランスの人も薦めてましたし。 →クラフトビールがテーマのビジネス書 →解説書 社会貢献 社会貢献は人のためであって、それ以上に自分のためって言葉がある。人のためであり、自分のためである社会貢献って素敵ですよね。 イベント 酒関係のイベントを企画してみたい。ありがちだけど酒フェスとか。 場所 コワーキングスペース・泊まれるブックカフェ BOOK AND BED TOKYOみたいな、本の溢れる宿泊スペース。ここにコワーキングスペースを一体化させて、本を読みながら仕事をして、疲れたら宿泊スペースに戻る…的なスペースを作ってみたい。 木をメインに植物を置いて落ち着くイメージ、かつ海外風に。 ジャズバーをもっと現代的にアレンジ 映画館並の良いスピーカーで音楽を流すバー。ただのハードボイルドなバーではなく、遊び心のあるバーにしたいですね。色々考え中。 行動力 行動力を磨きたい。まずはちょっとしたチャレンジから始めたいなと思ってます。部屋の小さな掃除や、日々をチェックリストにすること、週や月ごとの目標を立てること。あとは、海外に出て一人旅&仕事をしてみるところからでしょうか。 自省を込めて書いておきたいなと思っているんですが、人より優れた部分でマウントを取るのではなく、できない人を助けられる人でありたいですね。 例えば、筋肉がついているのなら、無い人の手伝いをしてあげる、背が高いなら低い人が取れないものを撮る、英語が話せるなら、話せない人の手助けや、ヒントを与えるなどなど。 行動力とは人に見せびらかすための道具ではなく、何よりも、自分が満足できるかどうかなんですよね。結局、自分の満足のためではなく、人に見せびらかす道具として行動力を使っている人は、何かしらのマウントという形で、行動に悪影響が現れてしまうような気がしていますよ。 書を捨てよ街に出よう 当たり前の結論ではあるんですが、結局、本を読むより、「直接吸収した方が身につく」って、読めば読むほど分かってくるパラドックスなんですよね。泳ぎ方みたいな本を100時間読み込んでも、プールに入ったら1秒で沈むかも知れないし。笑 本信仰みたいなものは、本を読み始めると、少なからず陥ってしまうものだと思うようになってきました。 例えば、どんなにマーケティングやブランディングの勉強をしようと、結局お客さんに直接商品を買ってもらって、意見をもらうこと以上の勉強はないような気がしてまして。 読むことは大切ですが、義務感や強迫観念や、本への信仰や、他人への押しつけみたいな感情にならないように常に注意しないといかんなあ、と思うこの頃です。おすすめを聞かれたら真摯に答えるくらいで丁度良いのかもしれませんね。 収益化 最初に何かをスタートするには、借金or収益(貯金)を使って始めるパターンのどちらかですが、できるだけ収益化してから、新しい事業を始めたいところです。 やりたいことは書くこと 別に「本気だ」「絶対叶えよう」「すぐにやるぞ」とは思っていなくても、アウトプットをしておくことで、少し何かを自分にもたらすかも知れません。それにわくわくしてます。楽しみ。

Read More
2019年9月18日
初心者に伝えたい、ホームシアターの魅力と僕の遍歴
2019年9月18日

みなさん、映画や音楽は好きですか? こういった名言があるのをご存じでしょうか。 レコードのコレクションを見れば、そいつの限界が分かる DJ SPOOKY 今日はちょっと話題を絞り込み、音楽や映画の出口になるホームシアターの話です。 さて、「ホームシアター」の魅力とはなんでしょうか? おじさんの趣味、お金持ちの趣味みたいなイメージがあるかもしれません。 部屋中スピーカーだらけ、みたいな。   ホームシアターの魅力は、音、映像の質などはもちろんですが、一番大きいのは「体験」や「時間」を手に入れられることだと考えています。 忙しい中でプロジェクターを使い、大きく映像を投影し、音に包まれながら映画やライブ映像に浸る時間。 片手間で「ながら見」するのとは違い、映画の世界にどっぷり入り込み、俳優の演技や監督の意図、VFXやCGの技術を感じたり、古い映画の昔の空気を味わったりする。 今日は僕が考えるホームシアターの魅力と、遍歴についてご紹介したいと思います。 ホームシアターで映画を見ている時間は、コンテンツが体験になる ※練習中のイラストです。雑ですが、、。   映像はコンテンツです。ですが、映画館で映画を見ると一つの体験になりますよね。 情報量過多の時代ですが、コンテンツを体験として、「家の中」で楽しめること。 コンテンツである映画自体は、プライムビデオやNetflixなど、サブスクリプションサービスにより、どんどんお手軽に見ることができるようになってきました。 ホームシアターは、サブスクリプションで見ることができる、映画全ての質を底上げします。 ※日本は映画館の料金が世界でも最高値水準です。 家の中でひとつの体験ができる。 家の中で映画の世界に入り込める。 普通、映画館に行かないと音に包まれる体験はできない。 部屋を暗くして、雰囲気を味わおうとしても、スクリーンに映ったシネマ調の映像と、スマホやパソコンの画面で見る映像とは感動が全く違います。 つまり、部屋がその場になる。 ちょっと何言っているんだって感じかもしれませんね笑 スクリーンとプロジェクターを使い、映画の中に没入することで、銃弾の飛び交う音、風の音、爆発音を感じると、まるで、映画の中に自分が入り込んだような感覚に陥ります。 前後左右に空間が広がる体験。 地面がとどろき、空気感が部屋に再現される体験。 銃弾が四方八方を飛び交う恐怖の体験。 俳優がいる方向から声が聞こえる体験。 以前、初めて我が家のホームシアターで映画を見た友達は、凄すぎて笑えてくると、普通のアクション映画でしばらく笑っていました笑 シアターに目覚めたきっかけ 僕がホームシアターに目覚めたのは、高校生くらいの時。元々オーディオ聞きが好きが講じて、貯金でスピーカーを買ったりアンプを購入したりしていましたが、家電量販店で体験した入門セットの5.1chが忘れられず、思わず購入してしまいました。 機材遍歴 初めて購入したAVアンプはDENON製、薄型のお手頃なものです。オールインワンで5.1chが楽しめる、僕にとっては十分なものでした。 ですが、つい機材を更新したい欲求が出てきてしまい、次に購入したAVアンプはパイオニアのSC-LX83。23万円ほどだったと思います。正直かなり高価で重量級のAVアンプでした。高かったことには間違いないですが、全く後悔はしていません。あの感動の体験はアンプを買うことでしか手に入れられなかったと思います。 その時使っていたスピーカーは、B&Wの685というもので、B&Wの中ではエントリークラスの6万円ほどのスピーカーでした。 エントリークラスとはいえ、低音から高音まで過不足なく鳴らし、全く不満はありません。とても良いスピーカーでしたよ。 使っていたサブウーファーはONKYOのSL-D500シリーズ。家が壊れそうなほどの低音が出るので、こちらも十分なスペック。 サブウーファーは壊れそうな低音を出すことが本業ではなく、雰囲気の演出です。通常のスピーカーではならしにくい音域を補助してくれるので、映画や音楽のリアルさに大きく貢献してくれます。 今後 さて、今回この記事を書いたのは、久々にホームシアターの再構築を考えているためです。 スクリーン、プロジェクター、AVアンプ、サブウーファーなどなど用意し、自室で映画をがっつり楽しめる環境を、もう一度作りたいと思っています。 まず、フロントスピーカーにはB&W 707S2を用意しました。 今は2chで使用しています。 AVアンプは今のところヤマハ製を考えています。 サブウーファーはソニーかJBL。 その他、リア(後ろ側)には以前から使用しているパイオニアのスピーカー、フロントハイト(前の高い位置)にはDENONなど、あり合わせのものを使ってまずは構築していこうかと。 メーカーがバラバラじゃないかと思われるかも知れませんが、一つ一つ自分の好きな物を組み合わせ、完全にオリジナルの環境を作ることができるのも魅力の一つです。 カスタマイズとか、改造とかがお好きでしたら、きっとホームシアターもはまると思いますよ。 シアター関連ではなく、小物を含めて、 その他に必要なものと気になっているものは、 人をダメにするクッション(ヨギボー) 映画を見ながら飲める良いお酒 ちょっと植物を増やしたい コルクマットを敷いて防音兼ラグ代わり また続報があればご紹介していきますね。

Read More
2019年9月18日
iPad・Macの選び方や、初心者がMacを使いこなすコツとアプリまとめ
2019年9月18日

この記事を執筆したきっかけは、僕が友人にMacについて聞かれることを、一本の記事にまとめようようと思ったところからでした。 文章は同じ情報を順を追って、多くの人に伝えることができます。いわば、僕の分身がその人のためだけに、説明してくれるようなものです。 「より多くの人に僕の知っていることが役に立てば」そして、「これを読んでMacの楽しみを少しでも伝えることができれば」と思い、執筆活動に当たることにしました。 悩む時間を3時間減らすこと、知識の習得を3時間早めることをモットーに、書いています。無駄に長文にすることはせず、内容の厚みを重視し、要点を凝縮し、この記事を読む時間を減らして頂くことも重要視しています。 コツを掴んでいただいた後、一番知識を習得できるのはMacを使っている時間だからです。 僕のMac遍歴はこんな感じ。 MacBook Air 13→ MacBook Pro 15→Macbook 12→MacBook Pro 15→MacBook Pro 15 平均して2年に1度の買い換えペースで、10年ほどMacを愛用しています。   それでは、章立てについて。 第一章ではMacとiPadの選択、また、iMacとMacbookの選択方法について。合わせて、ぜひ一緒に購入を考えて頂きたい、おすすめの周辺機器もまとめています。 第二章ではMacを使う時間を短縮するショートカットについて。 ショートカットを活用することで、多くの時間を仕事や創造的活動や趣味に充てることができるようになります。10秒かかる作業を1秒に短縮でき、それを1日100回行うとすれば、1000秒から100秒に、つまり、約15分の作業が約1分半にまで短縮できます。 積もり積もるとバカにできない差になっていきます。ショートカットをリストとして羅列することはせず、よく使う物に絞り、まず覚えて欲しいショートカットを紹介します。 第三章ではインストールして頂きたい厳選アプリについて。無料・有料でインストールできるアプリケーションはMacの可能性を大きく広げてくれます。 純正アプリだけでもMacを楽しむことはできますが、若干のもったいなさを感じることも事実です。厳選していくつかの有料・無料アプリをご紹介します。 第四章では、意外と活用されていない純正の機能についてご紹介します。設定が必要な機能であったり、そもそも知らないと気がつかない機能であったり。 隠れた純正の便利機能をまとめてご紹介します。 第五章では情報収集&コンテンツを楽しむというテーマで、おすすめのアプリをご紹介します。情報収集を楽に・快適にして、楽しんでください。 以上の五章構成となっています。記事という特性を使い、時々追記も行っていく予定です。 ざっくりとこの記事でMacの全体像を掴んで頂き、これからのMacライフを快適に楽しんでいただければ幸いです。 第一章 買うならiPad?Mac? iPhoneを買って、Macが欲しくなってしまったって方も多いのではないでしょうか。もしくは、携帯はAndroidだけど、MacかiPadのどちらかを仕事用や大学用、プライベート用に持ってみたいという方。 そんな方のために、iPadかMacbookのどちらを買うべきか、僕の意見をご紹介したいと思います。 まず結論からお話しすると、IPadかMacかで迷っている方の殆どにはMacをおすすめします。 なぜなら、あくまでiPadはまだMacのサブのような位置付けを抜け切れていないからです。 2019年秋、iPadのアップデートがありますが、完全なマルチタスクができるわけではありません。5このウインドウを同時に表示するとかはまだできないんです。 この記事で想定する、Macを購入したい方のほとんどは、仕事に使いたい・創作活動に使いたい・学生生活に使いたいというニーズが多いと想定しています。 その場合、あくまで母艦であるMacを購入してから、iPadをサブとして購入するべきだとお伝えします。大きく挙げて理由が二つあるので、Macを最初に選ぶべき理由をご紹介してみます。 アプリ間連携 アプリ間の連携がiOSには若干の不便さがまだ残されています。 画像を作成してプレゼン資料に載せる、とか。音楽を作って動画に載せる、とか。 もちろん、「できることはできる」のですが、パソコンでの作業に比べると操作性が少し欠けているのは事実です。 マルチタスクについて マルチタスク(同時にいくつものアプリを操作すること)、iOSでも可能になりました、ですがそれは制限のある中でのマルチタスクです。 Macはメモリギリギリまでマルチタスクが可能です。イラストを描きながら、写真を編集しながら、Webブラウジングをしながら、アニメを見ることが簡単にできます。 制限のなさが一番の魅力であり、iOSとMacの差なんです。 ※制限を楽しめるならiPadが最初でもいい もちろん僕もiPadを持っています。iPadを最初に選ぶことを否定はしません。ただ、制限があると言うことは頭に入れていただいた上で購入していただきたいのです。iOSの制限に後悔しないためですね。 Macを購入するならどのMacを買うか デスクトップのiMacやMacPro。ラップトップ型のMacBook(Air・Pro)。 この記事で悩まれているあなたには、MacBookをおすすめしたいと考えています。 デスクトップとの性能差を上回るメリットがMacbookにはあります。 僕の場合、仕事の動画編集も全てMacBook1台でこなしています。 もちろん速度ではデスクトップに負けますが、外に持ち運ぶ事ができるメリットは性能差には代えられません。 性能差は処理時間、待機時間によって埋めることができますが、外への持ち運びは現実的に実現することができないんです。 つまり、待っていれば処理が終わる作業はありますが、外でiMacが使えるかというと、それは難しい。 越えられない壁のようなものがあるからこそ、代替できない価値のあるラップトップ型をおすすめしています。 おすすめ周辺機器 次に、Macbookを活かすおすすめの周辺機器について。ここでは予算別に解説していきます。 1万円クラス 快適に操作したいなら まずおすすめしたいのが、Mx Masterというロジクール製のハイエンドマウス。 横向きのホイールがついているので、動画のタイムラインを触りたい人、音楽を作る人でトラックの流れを横に見ていきたい人におすすめ。 縦のホイールにも速くスピンさせると自由回転になるモードが備わっていて、ブラウジングや長いエクセルなど、ページのスクロールも楽に行えますよ。 2万円クラス iPhoneがあるなら Airpodsの軽快さ、接続の楽さはぜひ一度試してみていただきたいと考えています。見た目がうどんと揶揄されていたAirpodsですが、世間の目が慣れてきたのか、揶揄されることも無くなってきましたね。 4万円クラス 自分の作業効率をとにかくアップさせたいなら Macに限らずノイズキャンセリングヘッドホンも周辺機器として購入していただく際の、一つの選択肢です。外の雑音は予想以上に影響を及ぼしていることが分かります。精神と時の部屋で作業したい人におすすめですよ。 4〜10万円クラス 物理的に作業効率をアップさせたいなら 外部ディスプレイの導入を検討してみてください。僕は自室の自分の机に5Kモニターと4Kモニターを設置しています。ぜひ4Kモニターだけでも試してみてください。フルHDディスプレイとは文字のくっきりさ、ディスプレイ1枚の情報量がが段違いなので、作業が効率よく進められるようになるはずですよ。 第二章 ショートカット ちょっとだけ進んだショートカットをこの章では解説していきます。コピーペーストが精一杯の初心者向けに書いています。 ※「そんな簡単なショートカット知ってる」という方はスルーしてください。 コマンド+F 殆どのアプリで検索に割り当てられています。文字入力していて、「あの入力内容どこだっけ?」っと思ったことはありませんか? SafariでWEBページを見ていて、「どこに知りたい内容があるんだろう」そんなときはコマンドとFの同時押しをして文字を入力すると、文字検索してくれます。 コマンド+スペース いつでもどこでもSpotlight検索ができるショートカットキーです。 アプリやパソコン内のファイルを素早く見つけ出してくれる機能です。 スポットライト検索って何?という方に向けて、第四章の「意外と活用されていない純正の機能」でご紹介する予定です。 コントロール+A,E 入力中のカーソル移動のショートカットです。 アルファベットのスタートの「A」 文字の終わり「E」(End)と考えていただくとわかりやすいと思います。 文字入力の途中に行頭に戻りたくなったらコントロールとAを同時押し。行末に移動したくなったらコントロールとEを同時押し。 なれないと使いにくいキーではあるので、慣れるまで意識して使ってみてください。 コントロール+P,N 次の行に移動するときはコントロールとN(Next)、前の行に戻るときはコントロールとP(Previous)。こちらも文章入力で役立つショートカットキーなので、早めに慣れてみてください。 文字入力のショートカットは使いこなすと、文章を書くスピードが大幅に変わってきます。 第三章 Macを活用するための有料・無料アプリ Macの可能性を広げる有料アプリと無料アプリについてご紹介していきます。Mac本体をそこそこ高い金額を出して買ったなら、アプリにもそこそこの金額を出すことをおすすめしています。アプリの可能性=作れるものの可能性だからです。 まずは作業効率化からお話しし、 作業効率化 Google日本語入力、ATOK 日本語入力は多くの場面で使うことはお分かり頂けますよね。検索から、文書作成から、日常のチャットまで。 日本語入力の質が良くなることで、文章入力の質が底上げされます。あと、ATOKでは文章入力量の確認ができたりもして面白いですよ。 キーボードスニペット Typinorというアプリを僕は使っていますが、素早く多機能な辞書入力(スニペット入力)で活用しています。 例えば、AppleStoreと入力したいとき、 ;ap などと登録しておくと、入力した瞬間に文字がAppleStoreと入力されます。 他にも、自分のアドレスや住所、電話番号などで登録しておくと、かなりの時間削減になりますよ。 辞書入力との違いは、「入力した瞬間」というところ。 Popclip 選択するだけでスマホのようなメニュー機能が上に現れます。 Amazonで検索、Googleで検索などなど、自分で機能を追加してカスタマイズすることができるアプリです。iOSの良い部分を取り入れた感じですね。 ※有料ですが、Macを購入したら早めに入手する価値のあるアプリですよ。 Clipy コピペ管理ツール。まずは無料のClipyから試してみてください。 コピー履歴が確認でき、貼り付けが自由自在です。 第四章 意外と活用されていない純正の機能 Spotlight コマンド+スペースでSpotlight検索と紹介しましたが、ここではSpotlight検索について深く突っ込んでいこうと思います。Spotlight検索は、アプリケーションを起動する機能であり、ファイル検索機能でもあります。 例えば、imovieを起動したいとき、コマンド+スペースを押した後に、imo…と入力することで、メモが起動できるんです。 この便利さは使ってみないと分かりません。一度試すとこれなしではMacライフが送れなくなるほどの便利機能。まず、試してみて欲しいです。 コマンド+スペース→imo…ですよ。 ホットコーナー マウスカーソルを画面の4つ角に持っていくことで、それぞれ機能が起動できます。 右上に持っていくと起動中アプリの一覧表示、右下に持っていくとデスクトップの表示などなど、カーソルを持っていくだけで起動できるのが大きなポイントです。 システム環境設定→デスクトップとスクリーンセーバー→ホットコーナーから。 第五章 情報収集&コンテンツを楽しむ よりMacを活用もらうための情報収集ツールについてご紹介していきます。 情報を収集する力をMacにアップさせることができれば、どんどん詳しくなり→作業が早くなり→できることが増え→詳しくなり…と良循環に入っていくことができますよ。 RSSリーダー RSSリーダーです。アプリ編とどちらに掲載するかは悩みましたが、情報収集メインなのでこちらに。 RSSリーダーを知らない方、「日常的に読んでいるブログ」や、「更新を楽しみにしているサイト」はありませんか? ここで紹介するReederは、そんなサイトやブログの更新をお知らせしてくれるアプリの一つです。FeedlyとかでもOK。 もしお気に入りのサイトがないのであれば、 Wired、Gizmode などお試しで登録してみてください。IT系ニュースにめっぽう強くなれます。 Windowsでしか見れない動画を見る VLC IINA Windowsでしか再生できない動画データを手持ちの方も多いと思います。 例えば、wmvなどのデータは標準では再生できません。そのため、この動画プレーヤーをインストールしておくと良いと思います。 Kindle本をMacでも読む Kindle For MacでKindle本を読むことができます。スマートフォンやKindleで電子書籍を持ち歩くことももちろんできますが、それ以上に大画面で読めることと、大画面で書籍を管理できることは楽ですよ。 資料を参照しながら入力するときにもMac+Kinde本はおすすめです。 まとめ 6000千字近い記事になってしまいましたが、もし気になるものがあれば少しずつでも試してみてください。 最初は試すのに労力が必要でも、きっと慣れたら後悔しない、使いやすくなるテクニックをご紹介しました。 適宜情報の追加や記事の更新はしていく予定ですので、お気に入りなどに入れて本のようにチェックしてみていただければと思います。 ここまでお読み頂きありがとうございます。

Read More
2019年8月13日
BMPCC6Kを購入したので所感
2019年8月13日

ブラックマジックデザインというハリウッド御用達の機器メーカー。 アベンジャーズとかにも使われてる。 映像カメラの頂点である、ARRI、REDとかに「近い」って言っちゃっても良いかも。 (もうちょい個人向けなイメージのあるBlackMagicだけど、個人に近づけようと頑張ってくれてるメーカーなのですごくありがたい。) 先々代のポケシネ、先代BMPCC4Kはあまりピンときてなかったんだけど、BMPCC6KではSuper35mmになったので購入。センサーサイズ信者なので。 EOSC100の絵が好きだけど、流石にでかくて持ち運びが大変。 Mavic 2 Proで扱っている10bitカラーがさくっと使えるのがとにかく楽しみ。普通の8bitは1600万色、10bitカラーは10億色以上。ぱっと見でもMavic 2 Proの色の移り変わりの繊細さ、鮮やかさはすごい。 (これで動画からの切り出し) さて、できるだけ綺麗な映像を追求しながら、仕事用もできるだけコンパクトにしたいと考えていたので、すごく良いタイミングでこのカメラが出てくれた。 EFマウントなので、新しいRFマウントレンズを買ってしまったのでどうするか…って感じ。 EFレンズは70-200f4lと50mmf1.8を持っていて、つい最近SIGMA50mmArtを売ってしまったので、ちょっと残念なことをしたかも… とりあえずはEF50mm f1.8で色々撮影してみる。 その後18-35mmf1.8の導入かな。 換算25mm-50mmくらいまでだけど、単焦点24-28-35-50mm相当と考えると、ちょっとした広角から、ボケ表現よりの50mmまで使えると考えればすごく良いかもしれない。 レンズ付け替えるのって結構気も遣うし。 50mmで中望遠、70-200で望遠と揃えればそこそこ布陣ができる。 あと、SIGMA18-35はSEL1635Zとフィルター径が同じで、フィルターが使い回せるのが非常にありがたい。NDフィルターも買わなくて済む。 マウントアダプターはしばらくは買わなくても良いか。 売る物だけガンガン売って、機材入れ替えを早いところすすめていこう。 EFレンズがここに来てがっつり欲しくなるのはちょっとびっくり。  

Read More