Menu & Search

EOS Rに買い換えた

買ってよかったもの総まとめ

写真を撮る人間ならまず見ろといわれているフォトヨドバシ。
ただの量販店のサイトなのに凄い。

そこで見た、EOS Rの作例がすさまじかった。

ここで使われているレンズはズームレンズなんですが、描写が凄いし切り取り方も凄い。
Canon(キヤノン) EOS R 実写レビュー | フォトヨドバシ

現代アート的といいますか、いつも見ているものを違った切り取り方をする、写真家の目線にはいつも驚きます。

ああと、キャノンは色のりが良い、そういうのも改めて感じましたね。

写真、何が楽しい?ってポイントは僕の中でいくつかあって

・記録・表現ができること(記録も出来るし表現も使い分けできる)
・手間が少ないこと(絵筆とかいらないから取りかかるまでが気楽だし手が汚れない)
・機材に頼れること(ある程度機材に頼れるし機材選択も表現のうち)

が魅力であり、多くの人に広まっている所以なのではないかなと考えています。

とはいえ、創作活動は最終的にはクリエイティビティが全て。

  1. 使い方を覚える
  2. 使う場面を設定する
  3. 実践する

を繰り返さないと上達しないんですよね。

この買い換えをきっかけに、もう少し練習してみます。

35mmと50mm

ちなみに、今回は35mmレンズを追加購入予定ですが、
50mmは練習・表現寄り、35mmはもう少し実践・記録寄りなイメージ。

※もちろんこの限りではないので難しいのですが。

ある程度50mmで練習して35mmで遊んだり、
35mmで気楽に撮って、表現寄りの50mmに入ってみたり。

それぞれの選択があるので面白いですよね。

写真を撮ると目が肥える

対象の見方が増えるので、写真を撮り始める前に比べて、明らかに目が肥えます。

「センスは知識からはじまる」という本がありますが、
知識は写真を撮っていると自然と身についてくるものです。

知識が身につくとセンスが良くなってくる。
どんな分野でもそうだけど、そういった好循環が写真にはあって面白い。

そして、他人と自分の捉え方の違いを勉強することが出来るんですよね。

ある物(ここではペットボトル)を撮影するにしても、

「明るくぼかしてふんわり立体感で撮影したペットボトル」
「暗めにカリカリにくっきり平面的に撮影したペットボトル」

それは表現の違いであり、視点の違い。
どちらが間違いなのではなく、だからこそ、感性が違って面白いなあと感じます。

カメラバックパックのGraph Gear Neoを買った

この時に書いたバックパックより、軽快なカメラバッグも追加購入したので、
ショルダー型は売って、しばらく撮影を楽しみたいと思います。

0 Comments

買ってよかったもの総まとめ

お気に入りギアリスト