Menu & Search
仕事効率を上げるためのアプリやハードの工夫

仕事効率を上げるためのアプリやハードの工夫

買ってよかったもの総まとめ

仕事効率を上げるためのMacアプリやハードウェアの工夫を書いてみる。

FantasticalのWeekビューで予定・進捗管理

Fantastical(自然言語で入力できるカレンダーアプリ)

手早く予定を入力するのに役立つし、操作も軽いし、デザインも良いので気に入ってる。

FantasticalはiPhone版もあるけれど、iPhoneだと文字入力は逆に時間がかかるのでやらない。

1日のやることは仕事内容別にだいたいここにまとめてある。

作業をやり終わると消すことが多い。消すときは爽快。

進捗を残さないといけないもの(未完の仕事とか)はそのまま残す。

Bearを1日の仕事用メモに

メールの下書きとかで文字を入力するときはここ。

急にアイデアが思いついたときや、箇条書きで今日のやることを整理することもできる。

情報が一元化されていると効率が全く変わる。

チェックボックスも純正と同じように付けられるけど、一番大きな純正メモとの違いはマークダウンが使えるかどうか。

マークダウンは一度慣れるととにかく楽。

5Kと4Kのデュアルディスプレイ

解像度が高いので1画面の情報量が多い。

一度4Kを使うとフルHDにはもどれなくなるし、5Kを使うと4Kでもちょっとざらついて見える。

一番コストパフォーマンスが高いのは、安い4Kモニターの追加だと思う。作業効率がかなり変わる。迷っているなら一度買ってみると良いかも。

良いマウスパッド

Adobeのソフト類はトラックパッドだけだとしんどいので、マウスを使うけど、マウスパッドを良いものにすると、楽かつ思ったように動かせるし、厚みもあるので手の疲れもちょっと軽減できる。

ガラスとかのマウスパッドもあるけど、布系が好き。

いまはアルチザンのマウスパッドを使ってるけど、(5万円近くの異様なプレミアが付いてた笑)
一番気に入っていたのはRazerのスピードってやつ。シンプルなデザインがあったら買うかも。

ATOK

有料のIME。今は月額課金で使ってる。複数台利用ができるので、持っているパソコンが多いほどお得。(たしか5台まで)

変換効率が高く、辞書も利用できる。チャットとか、スピード重視でざっくり入力する分には何も役立たないけど、長文を書くことがある人にはおすすめ。

多いときには10日で10万字くらい書くときもあるけど、今月は平均よりちょっと少ないくらい。1日4千文字ちょっとらしい。(8/9現在)

少ないときは10日で1万字も書かない。

こういう情報が自動的にまとまるのも気に入ってる。

0 Comments

買ってよかったもの総まとめ

お気に入りギアリスト