2019年3月16日
プアオーディオ(貧乏オーディオ)
2019年3月16日

ピュアではなくプアオーディオ。言い得て妙な言葉です。 昔のように高いお金をかけなくても、オーディオが楽しめるようになってきました。 中国製の安いDACやパワーアンプなどを使うことで、ブランド料がかからず、10分の1クラスとまでは言わないものの、 半額くらいで同じ水準の音が楽しめるようになりました。とてもありがたいことですね。   今回は我が家のプアオーディオをご紹介したいと思います。 AirMac→光デジタルケーブル→DAC→RCA→真空管プリメインアンプ→スピーカー という構成で考えています。いくつかサラウンドに使用していたスピーカーが残っているため、いくつかを売却し、残りをメインスピーカーとして使いたいと思っています。

2019年2月13日
カメラ用バックパックについて改めて整理する 2019
2019年2月13日

いつもお読みいただきありがとうございます。 VLOG用にカメラバッグが欲しいので、要件を整理したいなと思ってブログにまとめることにしました。 要件整理 α7iii Pilotfly Adventure カメラのバッテリー・充電器 Mavic Air Mavic バッテリー充電器 レンズ 16-35mm レンズ 55mm iPadが入ること 十分条件 数日から1週間までの着替え 防水シェル ダウン MBP15インチが入ること エアポートローラーダービーを使用しても良いのですが、そこまで必要ではなく、楽に移動することをメインの目的にして調査していきたいと思っていす。 Thinktank Photo 比較的シンプルな外装 外側の機能は少なめ シンプルなので柔軟性は高い Peak Design かっちりした外装 どちらかというと見た目重視なので使い方をバッグに合わせる感じになりそう ジンバル収納が不便かも知れないので、レビューをチェックしてジンバルを使っている人の使い勝手をしる必要がありそう Endurance HG 2気室なので機能性は高い 長いものやジンバルは入れにくいかも デザインがそこまで好みではないかも(タグがない方がよかった) Mindshift Gear Backlight 36L 立ったまま取り出しや収納が出来る どちらかというと山で活動する方の見た目 見た目がメカメカしいため、海外用途には良さそうだが、都心用途には合わないかも INCASE 奥行きがでかいのでその点の余力はある 外側に機能は少ない 機能的にはシンプルなのでカスタマイズはしやすく、ジンバル収納も出来る 主観によるまとめ 見た目 PeakDesign>INCASE>Thinktank>Endurance>Mindshift 機能 Mindshift>Endurance>PeakDesign>Thinktank>INCASE 価格高い順 PeakDesign>Mindshift>Endurance>Thinktank>INCASE 上から5,4,3,2,1点で採点 価格は5,4,3,2,1で減点 PD 8点 Mind 6点 Endurance 6点 INCASE 5点 Thinktank 5点 価格減点込み PD 3点 Mind 2点 Endurance 3点 INCASE 4点 Thinktank 3点 総合 INCASE PD Endurance がトップ3ですね 追記 思わぬ所から伏兵が出てきました Shimoda Exploler 30LとPRVKE 31L。こちらについてもチェックしてみてみないといけません…

2019年2月7日
iPadの活用方法を整理してみる
2019年2月7日

いつもrizmをお読みいただきありがとうございます。今日はiPadの活用方法を改めて整理していこうかなと思い、この記事を書くことにしました。 iPadの購入を迷われている方、たいした使い方はしていませんが、参考にしていただければ何よりです。 Apple Pencilを使ってノートアプリに書き殴る Notabilityを無料セールで受け取ったのみで、惰性で使ってしまっているような状態ではあるので、GoodnotesかNoteshelfを検討しています。 ペンの持ち替えがいらない ダブルタップでツールの切り替えが出来るようになりました。前世代と比較して非常に持ちやすく、さわりごこちも良く、使いやすくなりました。 リフレッシュレートが高いのでほぼ紙に書いているのと変わらない 秒間120コマなのでほぼ紙に書いている感覚でiPadに記入できます。紙の方が良いという意見ももちろんですが、良いところを取っていくイメージで使っています。 ちなみに紙のノートで使ってるのはMDノートと万年筆、インクは月夜。とても素敵な質感なんですけど、あまりつかわなくなってしまいましたねえ。 インクも紙も無限にある(NG→バッテリー) バッテリーについてはもちろん制限があるのですが、インクと紙を気にしなくていいのは大きいですね。これもどちらが良いとかではなく優劣かなと思っています。ですが、ごちゃごちゃしたり、探す手間が少なくなる分、少しだけiPadが優勢かなと思っていますが。 文章を書く いくつかのメモアプリを使い分けています。Nozbeというタスク管理アプリのブログを参考にしたような気が。 Bear 仕事関係のメモは一律でここにいれています。今日やることのシートを作ったり、メールの下書き・WEBサイトの下書きを書いたりはここで。リンクがMarkdown形式になってしまうので、ちょっと苦労するんですが… Ulysees ブログ用の下書きや、本などで勉強したことのメモはここに入れています。昔、写経(良い文章を書き写す)をやっていたときの名残も、この中にまとめて入っています。 純正メモ とっさに出てきた行きたい場所、読みたい本、アイデアなどはここに入れて、そのあとにあるべき場所に整理して、メモから削除しています。貯まってしまっているメモが沢山ありすぎるので、ちょっと整理しないとなあ… 余談 Evernoteはすっかり使わなくなってしまいました。アウトライナーのDynalistも気に入ってはいるのですが、なかなか上手く使い道を見つけ出せないので難しいところ。 動画と漫画と雑誌の消費 プライムビデオ 昔はNetflixに加入していましたが、今はPrime1本になりましたね。見たいコンテンツだけでも見切れないくらいあるので、今のところは必要十分なのではと思っています。 楽天マガジン 楽天ポイントでも確か入れるので、気分的にも楽ですし、内容に比べてかなり安いです。dマガジンよりこっちが気に入りましたね。 Kindle アプリを一応入れてはいるんですが、勉強したいときにはパソコンでメモを取りながらor寝る前にゆっくり読みたいとき等はKindle Paperwhite、本当にさらっと読むときはiPhoneなので、iPadでKindleアプリを使うことはそんなに無いかも。 その他 Safariでブラウズ iPhoneよりがっつり、Macより気楽にネットを見たいときにちょうど良いです。 人と何かを話したり、検討したりするときに Safariで何かを調べながら、計画を練ったり。Realtimeboardが良いらしいので試してみたいですね。  

2019年2月3日
SatechiのQi認証 アルミニウム Type-C PD & QC ワイヤレスチャージャーを購入しました
2019年2月3日

いつもrizmをお読みいただきありがとうございます。 今日はSatechiのQi認証 アルミニウム Type-C PD & QC ワイヤレスチャージャーを購入したので、レビューしたいと思います。 デスクにはスタンド型のQiチャージャーを設置していますが、今回は寝かせるタイプなので、ベッドサイドに設置して使用していく予定です。 早速写真を見ていきましょう。 アルミとシリコンの質感が圧倒的 デスクに設置したイメージだとこんな感じ。 手に持ったサイズ感はこんな感じ。   USB-Cのコードが嬉しい 滅多にチャージャーからケーブルを取り外すことはないのですが、USB-Cの端末が増えてきているために、いざという時のためのUSB-Cケーブルとして使えるのが有難いです。 寝室のベッドサイドに設置したのですが、かなりおしゃれで、景観を損なうどころか底上げしてくれますね。 インテリアに気を遣っている方にはとてもおすすめ。 7.5Wなので1Aの有線より充電が早い 7.5WのQi充電では、1Aの有線充電よりは早く充電が出来ますよ。2Aの有線充電よりはさすがに遅いのですが、とにかくおくだけでOKなのは相当楽。 余談 風呂場にiPhoneを持ち込むことがあるのですが、その後に有線接続をしようとすると相当気を使います。端子にケーブルを刺さなくてよくなるので、安全性も高まったかなと感じています。

2019年1月24日
メッシュWi-FiのTP-link M9 Plusを導入しました。レビュー&設定
2019年1月24日

  いつもrizmをお読み頂きありがとうございます。 この度自宅の2Fと1F両方のWi-Fiを強化したくなったので、Tp-linkのDeco M9 Plusを購入しました。TP-Link社のWi-Fiの中ではほぼフラッグシップといってもいいのではないでしょうか。 メッシュWi-Fiとは、複数台の無線LANを相互接続し、広範囲に質の高いWi-Fiを届ける技術です。今までもWi-Fiの中継機はありましたが、それとは似て非なる技術のようですね。一番電波が強固なWi-Fiに自動接続され、管理アプリからネットワークの高度な設定が誰にでも簡単にできるようになっています。 早速チェック・レビューしていきたいと思います。 最大420平方メートルという桁違いのスペック 公園丸ごとWi-Fiが届きそうなスペックですね。笑 もちろん開けていることが条件でしょうが、家庭用でこれだけのスペックがあればほぼ十分ではないかと思っています。 2Fと1F、それぞれに1台づつ設置 2Fの3部屋と1Fの2部屋にまんべんなくWi-Fiが行き渡るように、それぞれの階毎に1台づつDeco M9 Plusを設置しました。 初心者にも設定が非常に楽 殆ど接続するだけで工程が終わります。カスタムをしたい人には向かないのかもしれませんが、良いWi-FIを簡単に楽に導入したいと言うニーズには非常に有力な選択肢になると思います。 SSIDが一つにまとまった 今まではSSIDが複数ありましたが、一つだけの表示になり、2Ghzや5Ghzなど殆ど気にしなくて良くなりました。慣れていないので、何度見ても不思議な感じがしますね。 マットな質感で高級感あり 到着するまではつるつるしたプラスチックかなと思っていたのですが、円盤の表面はマットで高級感のあるプラスチックでした。プラスチック一つにもお金がかかっているかそうではないかはぱっと見でわかりますよね。 アプリの使い勝手が非常に良い ファームウェアの更新時にも「このデバイスのモバイルデータ通信やストレージは使用しません」など、初心者が不安に思う部分をきちんと解決してくれています。 ほかにも詳細なファームウェア更新の時間表示など、非常に親切設計で、全体的に高機能NASのような作りになっていると思いました。 Zigbee搭載 スマートホームのハブであるZigbeeを搭載しています。通常スマートホームにするにはスマートホームは部が必要ですが、電球だけで動作すると言うことですね。スマートホーム電球の利便性を一度試してみたいと思っています。 リンク→Amazonでの購入はこちら

2019年1月20日
机のセットアップ晒し
2019年1月20日

デスク環境を晒すことが流行っているようなので、紹介してみたいと思います。写真を撮るためにまず片付けないといけないので、かなりデスクが綺麗になりました。   MBP関係   MBP 2018 15インチ 相棒のパソコン。これだけあれば正直大丈夫です。後は全てもっと快適にするためのオプションと言ったところでしょうか。 MBPスタンド 以前メーカーさんから提供頂いたものですね。ディスプレーとの高さを合わせるため+放熱にも役立てばと思って使用しています。   MBPの周辺機器   Bose Soundlink mini 2 Amazonサイバーマンデーセールで1万4千円ほどで購入。この価格なら打っても同じくらい帰ってくるかと思い、モニタースピーカーの代わりに導入しました。動かせるのと、ケーブルがなくなってすっきりするのが良いですね。今はメインのスピーカーとして使ってます。 過去に書いた記事→手持ちのものを小さくする効用、Bluetoothスピーカーについて Plugabele TB3ドック 充電、UHSのSDリーダーやドライブ、HDD、優先ラン接続、ディスプレーへの接続などを一手に担ってくれています。このThunderbolt3ドックのおかげでかなり楽になりました。 過去に書いた記事→PLUGABLEのTBT3-UDVを購入したのでレビュー MX Master 2S サイドのスクロールやホイールの速度を調整によって継続的に変更できるマウス。作業向けの高機能マウスです。長時間の作業をトラックパッドでやっていると指が痛くなってくるので導入しました。 Artisan 疾風 ゲーミングマウスパッド。つるつる目のを探していましたが、割とざらざらしている系統のものでした。厚みがあるのでクッション性があることと、まずずれないことから非常に使いやすいです。 HP デスクアーム エルゴトロンOEMのモニターアームを使っています。LGの安い4Kモニターをセット。フルHDで満足している人は値段もそう大きく違わないので、そろそろ変えたほうが良いですよ。作業領域が広くなるorスケーリングにより解像度が上がって鮮明になるorどちらも」を実現できるので、変えない理由はもはやないと思っています。 27インチ 4Kディスプレー 枠が太いですが、枠の太さは没入感が上がるという意味である意味メリットな用にも感じてきました。   その他   スタンド型Qi充電器 おくだけで充電される充電器を、iPhoneの充電用に設置しています。 真鍮製カードスタンド カード類を立てかけるのに良いです。素材感がある商品はいいですね。 過去に書いた記事→旅行の思い出はカードや写真を、カードスタンドに飾るといい感じ Alexa そこまで使う機会は多くないのですが、以外と面白いですし、PCネイティブ→スマホネイティブ、その次はAlexaネイティブという世代が出てくるらしいですね。 「新しい技術に対して、そんなの不要だよ」と言ってしまうのが老けだと思っていますので、積極的に新しいものは取り入れていきたいなと思っています。試さずに要らないと言っている現象の大抵は、対象への興味と理解が薄いだけなんですよね。(試して合わなかった場合・一度所持した場合は当然除きます)  

2019年1月10日
手持ちのものを小さくする効用、Bluetoothスピーカーについて
2019年1月10日

最近持ち物を厳選するのにはまっています。例えばスピーカー。 小さくすることによって、持ち運びが出来るようになる 物理的な大きさが小さくなるわけですが、それによって家の中で気楽な持ち運びとまた、外への持ち運びも出来るようになります。 いつでも同じ環境で音楽を持ち運べるのはいいですよね。変わらない音の音楽が常にあるなんとなくの安心感。 なぜイヤホンヘッドホンではなく、スピーカーか イヤホンやヘッドホンだけではなく、あえてスピーカーがある意味ですが、目の前に音が現れること、また、スピーカーでしか体験できない音があるからです。ヘッドホンが聞き入る感覚・頭の中にステージがある感覚なら、目の前にステージがある感覚でしょうか。 特にBOSEは低音の厚みがすごくて、どっからこの空気がでてるんだってくらいの空気に動きがありますよ。ただ、厚みがすごいために、少し中高音が隠れているのはデメリットと一体でもありますね。良し悪しではなく何を重視するかによってメーカーの選択が変わってくると思います。 Bluetoothスピーカーのある生活 一つでもあるとかなり楽しい スピーカーに興味のなかった友達が、購入後ラインを送りまくってくるほどテンションが上がっていました。一つあるとかなり楽しいとその友達からのコメントがありました笑 ケーブル不要 ケーブルがいらないので見た目がすっきりするのも一つのポイントですね。左右に分離するスピーカーだとどうしてもケーブルが必要ですが、単体のBluetoothスピーカーだと充電ケーブルだけでOK。 映画が臨場感を持って見れる プライムビデオで映画を見るときのスピーカーとしても使っています。 映画は特にスピーカー大切ですよね。空気感や実態感があるとかなり一本の映画から受ける体験が変わります。 音楽やラジオ・Podcastを流しっぱなしに出来る ラジオ的な使い方にもいいですね。作業中に垂れ流しておくとほどよく聴きながら作業できるので捗ります。 空間を作る感覚 スピーカーがあると質の良い空間が出来上がりますよね。 引き算して整えた空間にいいものを追加するイメージでBOSEを導入しました。例えるなら、カフェのBGM的なイメージでしょうか。ほんのりコーヒーの香りといい音があればやる気が湧きますね。 まとめ Bluetoothスピーカーの効用について Boseはリアリティーがあります。もちろん作られているリアリティなのですが、ディズニーランド的な音作りで音楽を聴くのにはぴったりです。 空気砲かな?ってくらい低音が響く。クラシックにはあまり向かないかも知れませんが、ピアノトリオやライブもの、POPSには最高ですね。 気軽に音楽を楽しむことのできる環境を作り出すには最高にいいコンパクトなシステム。 ぜひ導入してはいかがでしょうか。

2018年12月22日
カバンと家を整頓するために、透明なビニールポーチを買いました。
2018年12月22日

ポーチを買った理由、一番にカバンの整理はもちろんなんですが、家でも愛用していきたいと思っていたから。棚に立てることによって収納の代わりにもなるのが嬉しいですね。 今回購入したのは、抗菌ビニールポーチM・L。どちらもカラーはブラックです。 早速ですが、このポーチのレビューをしたいと思います。 メリット このポーチを選んだ決め手について。 中身が見える 中に何が入っているか確認できること、ある意味ではデメリットでもありますが、隠す必要が無いものでしたら、中身が見えることはかなりのメリットです。 ブラックなので見えすぎないのもいいところ。 水に強い 電子機器関係を入れておくので、内部で水漏れをしたり、多少水が浸水してしまっても全く問題なさそうです。 デメリット 布・ナイロン製より柔い 丈夫さはやはり布、ナイロン製の方が高そうです。 チャックが開けにくい 開けようとすると形状が変化するために、若干開けにくいですね。 これはガイラインかジッパータブで解消したいなと考えています。 2種類を有効に使い分けていきたいですね。

2018年12月3日
「On the Trail flat pouch」X-PACで出来たポーチを買いました。
2018年12月3日

今回は先日のポーチの話に引き続き、実際にポーチを買いました。 おしゃれな写真にしようと頑張りましたが失敗。笑 変な写真になりましたね。カメラはもう少し修行しないといけません。 一緒に写っているものは温度計、小型ランタン、そして山と道のザックに取り付けるポーチの3種類。 今回届いたflat pouchは梱包がとても可愛くて素敵です。 X-PACとは X-PACという素材はアウトドアのバックパックなどに使われる最新の素材。 ※素材自体がかなり高価なので使われているだけでお値段が上がる傾向にあります。 高機能なアウトドア素材のお仲間にはダイニーマやキューベンファイバーなどなど。 持っている山と道MINIにもXPACが使われていて愛用していますよ。 防水性が高い 3層や4層になっているために、防水性がとても高いです。このポーチは完全防水ではないそうですが、そこまで防水性を気にしているわけではないので十分です。 素材の質感と強さ+軽さ 柄も含めて唯一無二の質感で、アウトドア用なので強くて軽いのもポイントです。 ハンドメイドのポーチを選択 最近だけで2つのハンドメイド商品を購入しています。 →旅行の思い出はカードや写真を、カードスタンドに飾るといい感じ 何を入れようか 購入してから考えるのも中々滑稽ですが、整理整頓月間で、ポーチを十分に購入してしまったため、入れるものが分からなくなってきました。笑 いくつか考えてみたいと思っています。 あまりによかったので直感で購入してしまいましたが、ポーチを一挙に揃えたので何を入れるか若干迷っているところです。 少しづつ必要なものをまとめて荷物や持ち物を最適化していきたいところです。 とても素敵な質感で、暖かさを感じ、質も良いとなると、ついついハンドメイド品を選択したくなりますね。 購入先 On The Trail → https://www.iichi.com/people/on_the_trail_

2018年12月2日
今治タオルを蒸しタオルとして使う
2018年12月2日

一番良いタオル探し 3種類の今治タオルを昔購入していました。今まで使ってこなかったのですが、色々考えて、蒸しタオルとして使って行きたいと思っています。手を拭くには質がよすぎることと、持ち運びにもボリュームがありすぎる…若干贅沢ですが、3枚を使い回しながら、美容院のタオルのように使って行こうかと。アロマオイルなんか垂らしたら癒やされそうですし、おしゃれですね。 蒸しタオルにするにはサイズがちょうど良く、タオルの質が非常に高く、すべて白いため汚れたらまとめて漂白ができる。 せっかく購入していたのに、使ってきていなかったので、これから有効活用していきたいですね。 一番ふわふわなシリーズは「雲ごこち」 ちなみに3種類購入した中で1番のおすすめは「雲ごこち」というシリーズ。 毛足が長いので他のタオルと比べものにならないくらいふわふわ。ハンドタオルだけではなく、別の大きさもありますので、お好きなサイズのタオルを生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。 最近グルーミングにはまっています。もしよろしければ他の記事も読んでいってみてください。 スキンケア