2018年6月18日
カラフルな靴下
2018年6月18日

  ずっとストックされていて使っていなかった靴下を新しく下ろしました。 カラーソックスってどうしても調子に乗っているように見えて、買ったのは良いものの、中々はきにくかったのですが、デザイナーさんがはいているのを見てシンプルにおしゃれだと実感しました。 調子に乗っているのとは違うなあと、思い込みが取り払われました。 思い込みはこびりついてしまって中々取ることが出来ないですけど、こういった瞬間は大事にしたいですよね。おじさんになって頭が固くなる状態もなんとなく分かる気がします。

2018年6月16日
スキンケア
2018年6月16日

  今までスキンケアにたいした関心が無かった、それは極度な面倒くさがりが露呈してのことだったのかもしれません。ヘアセットも面倒くさがりなせいで、ずっと距離を置いてきました。 どこかのブログでこのトリロジーのエブリシングバームを見つけて、少し高いですがすごく良さそうだったので購入。直感は間違っていませんでした。 汚い顔面を多少でもましにするために、ちょっとくらい良い物を使ってみてもいいのかもしれないですね。 カメラが色を迷ったのか、だいぶピンクよりに映っていますが、現物はトマトみたいな色です。

2018年6月14日
万年筆の時期
2018年6月14日

万年筆にはまった時期があって、その辺りに色々買いそろえました。 いらないといえばいらないのですが、いるといえばいる。 不思議な魅力が万年筆にはありますよね。 とあるブログを見てLAMYのサファリで万年筆に慣れてから、その次に日本のメーカーである、セーラーのプロギアを購入しました。 金ペン先が24金でできているのですが、シルバーカラーでギラギラしすぎないので落ち着いて使えるのが良さの一つですね。ブランド力ではなく純粋に書き心地だけを追い求めるのでしたら言い選択ではないかなと感じます。 画像はiroshizukuというパイロットのインクの月夜です。超定番のインクの一つ。

2018年6月14日
定番品について
2018年6月14日

最近、いわゆる定番品・クラシックな商品を見たり買ったりしています。お金が家の池から沸くわけではないので、本当に少しずつではあるのですが…。 定番品を買うことでほかの商品との差が見えてきますよね。どんなアレンジが加えられているのか、定番から何が引かれているのか。 消費社会の神話と構造という本があります。かなりおすすめな本なのですが、人間が消費をするのは他者との違いを記号として手に入れるためだと言っているんですね。 確かに、バッグなんて物が運べればビニール袋でもIKEAブルーバッグでも構わないわけですし、エルメスではなくGU、GUではなくリサイクルショップでもいいのではないかという疑問を、「そのメーカーやブランドを使っているという記号を手に入れるため」という主張で説明をしています。ボードリヤールおじいさんは、すべては差なんだと言っているわけです。 ※だからスタンダード品を一度手に入れてしまえば、冷静な判断が出来るようになるんじゃないかと画策しています。 これを頭に入れておかないと、ついつい無駄遣いしたくなってしまうんですよね。今まで散々無駄遣いしてきました。頭にたたき込んだ上で本当に欲しいものが買うべき商品なのではないかと思いますね。 まだ20年そこらしか生きていないので、高級品ではなくスタンダードなものとはいえ、身分不相応なのですが、早い内にどんなジャンルにしろ、良い商品を勉強しておきたいなと思っています。

2018年6月13日
スニーカー探しの旅
2018年6月13日

  最近靴を買おうと考えています。今まで使っていたスニーカーはランニングシューズの黒、革靴は今のところ満足しているので、ランニングシューズではなく、カジュアル寄りのスニーカーが欲しいなあと。 5年くらい前、Blueoverというブランドの一枚革で出来たスニーカーを履いていて、中々気に入っていたのですが、汚れが落ちなくなってしまい、今は引退しています。 候補はいくつか考えています。 APCのスニーカー ※ZOZOから画像借りました 真っ白なのがいいです。すごい清潔感。汚れたら漂白できそう。(出来るのかは知りません) ですが、4万円と予想していたより高く、もっと年をとってからかなあ… NewBlance M1400あたりが本当は欲しいのですが、ちょっと高い。M1300なら少しは安くなるのですが、それでもまだ高いです。今回は安めのスニーカー2足が良いかなあと思っているので、NewBlanceはまたかな? SHOES LIKE POTTERY 公式サイトより画像借りました クラシック感のあるスニーカーに水色のアクセントとソール、定番っぽい形ですが、水色が中々見なく、おしゃれな気がします。1万円しないくらいです。 オニツカタイガー スエード感が良いですね。汚れに気をつけながら履けば今回はもっと長く履けるかもしれません。 欲しい靴の要件 デニムに合う スラックスにも合う 履き心地はそこまで気にしない スラックスにオニツカタイガーは合わなそうですし、 SHOES LIKE PTERRYに気持ちが傾いてきてます。。それか少し高いけどNewBlanceか、はきやすそうなオニツカタイガーか… 迷っているということはまだ買う段階には来てないんでしょうね。

2018年6月13日
クロモリの自転車欲しい
2018年6月13日

何度が挫折したランニングをまた始めました。レベルはかなり低いので都内移動すべてランニングという域には至っていません。 幸い時間はあるので、健康のために多少長距離の移動は自転車でできないかなあと考えています。 秋葉原で飲むことも多いのですが、自転車だとだいたい1時間くらいとのこと。飲んだ後だと違反ですし轢かれるかな? さすがに呑み前後の移動が自転車はまずそうなので、呑み以外の移動を自転車と仮定しまして、 探す自転車の条件はこんな感じ – ロードでもクロスでも可 – 丈夫なクロモリフレーム – 色はシルバーやそれに準じた色 – かごはどっちでも – 変速はあった方が良い – 走行性能はそんなに必要なし 上記を条件に、色々なタイプを見ていたのですが、 最初はこの自転車が候補でした。ですが、やっぱりミニベロは安定・安全性が低いので、一定距離以上の移動には向かなそうだなあと… ハイエンドな走行性能はいらないので、ブルペ的なのんびり感が欲しい、そうすると今は割とARAYA Diagonaleに傾いています。 ただダブルレバー、どうなんだろう…(ダブルレバー=手元ではなくフレームで変速します。) 唯一ここが不安視していて、もう少しダブルバーのメリット・デメリットを調べてみたほうが良さそうですね。 上を見ているとどんどん欲しくなってくるので、ある程度妥協してゆっくり探してみます。