2019年8月9日
仕事効率を上げるためのアプリやハードの工夫
2019年8月9日

仕事効率を上げるためのMacアプリやハードウェアの工夫を書いてみる。 FantasticalのWeekビューで予定・進捗管理 Fantastical(自然言語で入力できるカレンダーアプリ) 手早く予定を入力するのに役立つし、操作も軽いし、デザインも良いので気に入ってる。 FantasticalはiPhone版もあるけれど、iPhoneだと文字入力は逆に時間がかかるのでやらない。 1日のやることは仕事内容別にだいたいここにまとめてある。 作業をやり終わると消すことが多い。消すときは爽快。 進捗を残さないといけないもの(未完の仕事とか)はそのまま残す。 Bearを1日の仕事用メモに メールの下書きとかで文字を入力するときはここ。 急にアイデアが思いついたときや、箇条書きで今日のやることを整理することもできる。 情報が一元化されていると効率が全く変わる。 チェックボックスも純正と同じように付けられるけど、一番大きな純正メモとの違いはマークダウンが使えるかどうか。 マークダウンは一度慣れるととにかく楽。 5Kと4Kのデュアルディスプレイ 解像度が高いので1画面の情報量が多い。 一度4Kを使うとフルHDにはもどれなくなるし、5Kを使うと4Kでもちょっとざらついて見える。 一番コストパフォーマンスが高いのは、安い4Kモニターの追加だと思う。作業効率がかなり変わる。迷っているなら一度買ってみると良いかも。 良いマウスパッド Adobeのソフト類はトラックパッドだけだとしんどいので、マウスを使うけど、マウスパッドを良いものにすると、楽かつ思ったように動かせるし、厚みもあるので手の疲れもちょっと軽減できる。 ガラスとかのマウスパッドもあるけど、布系が好き。 いまはアルチザンのマウスパッドを使ってるけど、(5万円近くの異様なプレミアが付いてた笑)一番気に入っていたのはRazerのスピードってやつ。シンプルなデザインがあったら買うかも。 ATOK 有料のIME。今は月額課金で使ってる。複数台利用ができるので、持っているパソコンが多いほどお得。(たしか5台まで) 変換効率が高く、辞書も利用できる。チャットとか、スピード重視でざっくり入力する分には何も役立たないけど、長文を書くことがある人にはおすすめ。 多いときには10日で10万字くらい書くときもあるけど、今月は平均よりちょっと少ないくらい。1日4千文字ちょっとらしい。(8/9現在) 少ないときは10日で1万字も書かない。 こういう情報が自動的にまとまるのも気に入ってる。

2018年10月23日
就活に失敗して死にたいと思った人へ。大丈夫、生きていける。絶望しないようにしよう。
2018年10月23日

就活に失敗した人、就活が失敗しそうでびくびくしている人、自分が社会不適合なんじゃないかと思っている人。いろいろな人がこの記事を読んでくれていると思います。読んでくれてありがとうございます。 社会に出る勇気がなくなってしまった君に、僕からメッセージを残しておきます。 まず、僕は就活という物を経験していません。というより、したくありませんでした。それで独立しました。かなりひねくれているタイプだと思います。 新卒一括採用を不気味だとか洗脳だとか思ってしまうくらいですから、完全な社会不適合者です。(なくなるらしいですね) 就活は戦略を立てて…と言いますが、自分が就活を通過できないであろうことは自分自身が一番分かっていました。ですから、戦略を立てて、就活の道を選ばないことにしたのです。 コミュニケーションが苦手で、(とくに面接が苦手で)「就職活動をするくらいなら自分で事業を興そう、その大変さの方がまだましだあ」と考えて、起業の道を選びました。 ちなみに、起業といっても、とてもとても小さな起業です。世の中に何兆円というお金が動いている中で、自分一人が暮らす十万円くらい稼げるだろう…という強烈に安易な考えで会社を始めました。 この話をするのには、私のバックグラウンドから話しておかないといけませんが、今回はそこまでには触れないでおきます。 一応、事業を興すまでにはいろいろな選択肢を考えました。 ・田舎でのんびり暮らし、仕事は農業や、町の産業などを行う。 ※とはいっても、もちろんよそ者を簡単に受け入れて貰えるとは思っていません。 ただ、事実上は動かしていない会社だとしても、最終的には僕も代表取締役という肩書きが欲しかったのかもしれません。会社の登記なんて簡単です。今は代行サービスもありますし、始めようと思えばお金と諸々の書類や印鑑を準備して、1週間くらいでスタートできるのではないでしょうか。 ※私は若干時間がかかってしまいましたが、たしか2週間くらいでスタートできました。   どんな事項でも、失敗するかしないかは、「100%」あなたの努力次第ではありますが、今はいろいろな生き方や働き方があります。 就活に失敗したからといって、他のところで補うことができれば無問題です。島に移住し、海岸清掃のアルバイトで暮らしている人もTVで見かけました。 自分を変えたいと思うなら、行動から変えるしかありません。 就活をもっと頑張る フリーランスになる 事業を始める アルバイトで自由に暮らす のんびり島暮らし のんびり田舎暮らし 海外に移住 変わるきっかけなんて何でも良いと思います。頑張ってください。

2018年9月24日
優柔不断を治す
2018年9月24日

優柔不断な性質があるんですが、あらゆるところで悪く出ているので治したいと思っています。生きるか死ぬかレベルでしたら優柔不断になってしかるべきですが、現代においてそこまで重要な選択はそうそうないので、素早く決められた方がメリットが圧倒的に大きそうです。 どうにか治す方法を自分なりに考えてみることにしました。 始めに思い浮かんだ方を選ぶ ワクワクする方を選ぶ リスクとコストが低い方を選ぶ 経験から考えて選ぶ んー、少し考えてみたのですが、優柔不断なのは経験不足が祟っているようですね。人間はAなのかBなのか、それとも選択をしないのか、経験から判断していると思うんですが、経験が少なすぎて選択の土台ができていないようです。 小説などを読むことや、映画を見ることも経験の追体験になると思うので、もっと読んだり見たりしていきたいですね。