2019年10月13日
フリーランスが仕事を取るためにすべき・やっておくべきこと
2019年10月13日

プライスリスト(価格表)をもつ わかりやすいプライスリストを持っておきましょう。はじめは自分の中だけにある価格表でもかまいません。都度価格を考え直すのは効率が悪いです。おおよそでも構わないので基準の価格を作っておき、そこからの差分や値上げ値下げという形にしておくのが楽ですし、提案に説得力が増します。 オフライン・オンライン営業のどちらかをマスターする ある程度の営業力がないとものが売れません。オフライン営業が得意な人。オンライン営業が得意な人の両方ありますが、できれば両方できることに越したことはありません。 ただし、オンラインの営業はよく言われる、「寝てても遊んでも営業してくれる営業部隊」です。なので、オフライン営業が得意な人でも、できるだけオンライン営業はできるようになっておくことに越したことはないかと。 「強み2つ以上+オンライン営業力」があれば、在宅で仕事をできるくらいにはなるのではないかと思いますよ。 情報発信する SNS、ブログ、Youtubeなど、何でも構わないので情報発信をしましょう。一つ勘違いに陥りやすいことがありまして、情報は「発信することそれ自体」にも価値があるのですが、仕事獲得の場面では、情報それ以上に信頼関係の構築に重きを置くことをおすすめします。 情報がありふれている時代だからこそ、あの人の言っていることだから聞こう、あの人の売っている商品だから買おう、あの人がおすすめしていたから見てみようみたいな、「個人的なつながり」が重要になってきます。 コミュニケーション力や人脈みたいなテクニックではなく、何かしらの形でWEBでの信頼(強み)の構築に時間を充ててみると良いと思います。 当サイトはXserverで運営中です。一度もトラブルに巻き込まれていないのと、速度も十分でおすすめ。レンタルサーバーをお探しの方はぜひ。 見える化する ポートフォリオ 記事 作例 サイト集 パンフレット などなど。 どんな形であれ、フリーランスになるのであれば、知識やスキルを「見える形」にしておくことです。仕事を受けるときに「ここを見てもらえればいい」ってものをつくっておくこと。 ※簡単なものでも大丈夫ですが、ポートフォリオ制作のスキルが必要です。もしくは、お金を払ってポートフォリオを誰かに作ってもらうかのどちらか。最低限「商品・サービス」を作るスキルと、「ポートフォリオ」を作るスキルの両方が求められます。 理想論の罠を避ける 言っているようで何も言っていない理想論に頼らないことです。例えば、高い100の理想を掲げて行動0より、1の小さな行動を積み重ねている人の方が最終的に成果を残します。 小さな子どもがパイロットになりたがることと、現実的に航空大学校でパイロットの勉強を始めることでは重みがだいぶ違いますよね。ここで言っているのは「理想を持つな」ということではなく、「理想論だけに頼らない」ようにすることです。 フリーランスとして、1000万円プレイヤーになるという目標があったとします。1の行動に落とし込むまでは妄想なので、非常に簡単です。そこからなにかを購入し、新しい物事を始めようとしたり、新しい何かを覚えて形にできるようになることが一番苦しい作業です。具体性のある「苦しい作業」から逃げないようにしましょう。自分への戒めを込めて書いておきますが。 例えば、規模をバカにすることも同じです。小さなことを始めた友人に対して、「そんなちょっとじゃはじめても意味ないよ」とかを言ってしまったりしていませんか? 小さな独自性を持つ 「あなたに頼んでも”いいかもしれない”強み」を考えておきましょう。「絶対”あなたにしか頼まないほどの”強み」なんて物はそうそう無いので、それを考え出すと消化試合になりますし、上に書いた理想論の罠にはまります。 ちょっと人よりできることを色々作りましょう。そうすることであなたの独自性になっていきます。 好きなことを仕事にすることの意味 ※仕事を取るためにすべきこと、やっておくべきこととはちょっと変わりますが。 好きなことを仕事にするメリットは、「最初の苦しい作業」が「やっていて楽しい作業」になるからです。好きなことをやるのは楽しいし、体力を消費するどころか、むしろ元気になったりもします。 仕事にするまでは、「自発的にやっていること」を選ぶのがおすすめです。スキル獲得が非常に楽になるからです。 「言われるまでやろうとしないこと」を自分の仕事にしようとすると、ただでさえしんどいことがよりしんどくなったりもしますので、あまりおすすめできません。せっかく自分で仕事をするのであれば、自分のやりたいと思ったことを選択したいですよね。 →もう少しだけ、好きなことを仕事にする意味をしっかり書いてみます。

2019年10月11日
フリーランスが調子を維持するための日々の習慣
2019年10月11日

楽しみを組み込む・無理をしすぎない 調子を崩したら誰も責任をとってくれません。きついと思ったらすぐに休みます。仕事も楽しくないときにやっても全くパフォーマンスがでないので、事務作業とかだけで、何かを作ったり改善したりは全て調子の良いときに集中させています。 ある程度調子の良いときだけでやっていけるくらいの精神力と仕組みを作ることは必須かもと最近考えていて、休み=収入がなくて怖い=サボっているにしてしまうと、休んでいても苦しくなるんですよね。 休み=楽しい=自分でコントロールしているにしておけば、仕事に戻ったときにもより良いパフォーマンスを発揮できるのではないかなと。 読む 何かを読むことはかなりのストレス解消になるそうです。気軽に読む漫画と、さっくり読むビジネス書、気合いを入れて読む重めのビジネス書、娯楽の小説、実用書のような感じで分けています。 最近読んだ漫画でおすすめはファイアパンチという漫画。友人からチェーンソーマンという漫画を薦められ、前情報なしで読んだところ非常に面白かったため、同じく前情報なしでチェーンソーマンはチェックしました。 元気なときに読まないと疲れる可能性がありますので、ファイアパンチは余裕のあるときにぜひ。 楽しむ 映画や音楽や楽器を触ってほどよく息抜きしています。全力で練習すると言うより、あくまで息抜きに軽く触る感じですね。 最近アコギを購入しまして、その記事も改めて書く予定です。 書く 頭の整理ができるので、よく書いています。書くのは主にパソコンが多いんですが、たまに紙を使って考えたりもしますね。 飲む プロテイン、水、おばあちゃんがくれた青汁、酒。 これらを意識して飲むことで、かなり元気をもらっている実感がありますよ。お酒については量を気にしているんですが、缶1本〜2本くらいまでなら、寿命が延びるって研究もありますので、ほどよく日々飲んでいますね。 友人と遊んでいるとき以外、昼から飲むことは流石にないですが。 ランニング 結構波がありますが、時々走るとやっぱり良いですね。 筋トレ たまーにやる程度。 SNS ほんのちょっとだけ使っています。全くメインでは使っていないですね。どんな発信が受けるのかの実験用に使っていますが、まだ25いいねに到達したことがなかったような。もっと質を上げないとダメですね… サプリメント 色々なサプリを調子に応じて取っています。過信はしていませんが、ないより言いカナーくらいな気持ちで、気楽に飲むと結構面白いですよ。 昼寝 15分だけ昼寝をするとその後の仕事の効率が大幅に変わるそうです。特に夜10時くらいや、夜中2時くらいまで仕事してしまうこともあるので、昼寝を取り入れることが、必須な感じもしてきました。 →コーヒーナップの効果 植物・自然 田舎の人が東京に憧れ、東京の人が田舎に憧れるのと近いものがあるかも。 定期的に釣り(海・渓流)、キャンプ、登山などなど、自然にふれあえるイベントを挟んでいます。 あとは仕事場にグリーンを置くと良い効果があるそうだったので、ちょっと育ててます。気持ち的にも良い感じ。意識せずとも、僕らには原始人の血が入ってるんでしょうね。

2019年10月10日
フリーランスの休み方を考える&休み方のコツ
2019年10月10日

フリーランスは仕事の時間は比較的短いんですが、下手すると365連勤になりかねません。そもそも、仕事をしている日、していない日の区切りがないので、下手すると好きなことがそのまま嫌いなことになる可能性もある。 ちょっと休み方を考えないといかんなあとと思ったので、ブログに休み方と、休み方のコツを残しておこうかと。 読書をする 娯楽系の小説から、その他実用書などなど含め、読書をしている時間は強制的に休める。休む時間を増やしたいと思ったら読書を取り入れたいですね。 インプットになる+休める でかなり理想的な休み方。 映画を見る これも強制的に2時間くらい休める時間の使い方。 結構な割合で仕事しながらになっちゃうんだけど笑 アマゾンプライム Netflix に登録してます。 あとちょっと種類は違うけど、Dアニメストア。アニメは25分とかなので休憩がてら見やすいんですよね。 旅行に行く 旅行に行ってもどうしても終わらせない仕事とかがあると休めない。旅行中でも仕事ばっかりになる可能性があるので、できるだけパソコンは置いていくようにしたいですね。どうしてもの時は仕方ないですが。 スマホだけが一番身軽で、+iPad、+Macbook Pro 15の順にヘビーになってくる。なので、できるだけiPadまでで済ませられる仕事しかしないことを旅行中は心がけるようにしています。 ランニングをする 朝or夜の時間帯に軽く走ってます。カツカツに走りすぎると疲れから次回のやる気が起きないんですが、軽ーく走ることで、ちょっと走り足りない感じが残るので、継続したいときは軽くから始めるようにしています。 ランニングシューズの買い換えを考えてみたんですが、まだ良いかなあ。 アウトドアを楽しむ 普段パソコンに向き合う仕事ばかりな分、強制的に自然に触れる機会を作りましょう。具体的には釣り、キャンプ、登山の3つ。 釣りをする 自然に触れるその1。ルアーフィッシング、渓流釣り、エギングなどなど。奥多摩、長崎、伊豆、伊東、三崎、東京湾なんかで釣りをしました。三崎と東京湾は釣れず… キャンプに行く 自然に触れるその2。富士山の近くのキャンプ場や、奥多摩の氷川キャンプ場によく行ってます。キャンプ道具は布や金属の最新の技術が使われていたりもするので、調べるだけで面白いですよ。 登山に行く 自然に触れるその3。たまーに登山に行くと疲れるけど癒やされる。 ひたすらゴロゴロする ひたすらゴロゴロするのもたまには良いですね。プレッシャーがでかい分、定期的に色々と忘れて休みたくなります。 コツ1 平日をねらう 平日をねらって休めばどこもすいていますし、平日の特典や平日が安い場所もあるので結構便利です。優越感と、何やってるんだろう感が半々くらいですね。笑 コツ2 連絡を完全に絶ちきる日をたまにつくる 常時監視状態になると精神的に良くないので、連絡を18時間くらいしない日を無理矢理作るようにしています。当たった人には申し訳ないですが。働いている実働の時間が短いとはいえ、永久連勤はしんどくなってくることがわかります。 フリーランスの場合常時時間換算されているといっても過言ではないですしね。

2019年10月9日
フリーランスが将来やりたい、やってみたい事業を書いてみる
2019年10月9日

気合いを入れるために、将来やってみたい事業を整理してみたいと思います。 ブルワリーの立ち上げ ブランディングとデザインとWEBと映像を活かして、ブルワリーを作ってみるのも面白そうです。海外に行ったらブルワリーを見学してみたい。 海外のクラフトビールメーカーである、パンクIPAが出している本を読んでみます。自分の好きなフリーランスの人も薦めてましたし。 →クラフトビールがテーマのビジネス書 →解説書 社会貢献 社会貢献は人のためであって、それ以上に自分のためって言葉がある。人のためであり、自分のためである社会貢献って素敵ですよね。 イベント 酒関係のイベントを企画してみたい。ありがちだけど酒フェスとか。 場所 コワーキングスペース・泊まれるブックカフェ BOOK AND BED TOKYOみたいな、本の溢れる宿泊スペース。ここにコワーキングスペースを一体化させて、本を読みながら仕事をして、疲れたら宿泊スペースに戻る…的なスペースを作ってみたい。 木をメインに植物を置いて落ち着くイメージ、かつ海外風に。 ジャズバーをもっと現代的にアレンジ 映画館並の良いスピーカーで音楽を流すバー。ただのハードボイルドなバーではなく、遊び心のあるバーにしたいですね。色々考え中。 行動力 行動力を磨きたい。まずはちょっとしたチャレンジから始めたいなと思ってます。部屋の小さな掃除や、日々をチェックリストにすること、週や月ごとの目標を立てること。あとは、海外に出て一人旅&仕事をしてみるところからでしょうか。 自省を込めて書いておきたいなと思っているんですが、人より優れた部分でマウントを取るのではなく、できない人を助けられる人でありたいですね。 例えば、筋肉がついているのなら、無い人の手伝いをしてあげる、背が高いなら低い人が取れないものを撮る、英語が話せるなら、話せない人の手助けや、ヒントを与えるなどなど。 行動力とは人に見せびらかすための道具ではなく、何よりも、自分が満足できるかどうかなんですよね。結局、自分の満足のためではなく、人に見せびらかす道具として行動力を使っている人は、何かしらのマウントという形で、行動に悪影響が現れてしまうような気がしていますよ。 書を捨てよ街に出よう 当たり前の結論ではあるんですが、結局、本を読むより、「直接吸収した方が身につく」って、読めば読むほど分かってくるパラドックスなんですよね。泳ぎ方みたいな本を100時間読み込んでも、プールに入ったら1秒で沈むかも知れないし。笑 本信仰みたいなものは、本を読み始めると、少なからず陥ってしまうものだと思うようになってきました。 例えば、どんなにマーケティングやブランディングの勉強をしようと、結局お客さんに直接商品を買ってもらって、意見をもらうこと以上の勉強はないような気がしてまして。 読むことは大切ですが、義務感や強迫観念や、本への信仰や、他人への押しつけみたいな感情にならないように常に注意しないといかんなあ、と思うこの頃です。おすすめを聞かれたら真摯に答えるくらいで丁度良いのかもしれませんね。 収益化 最初に何かをスタートするには、借金or収益(貯金)を使って始めるパターンのどちらかですが、できるだけ収益化してから、新しい事業を始めたいところです。 やりたいことは書くこと 別に「本気だ」「絶対叶えよう」「すぐにやるぞ」とは思っていなくても、アウトプットをしておくことで、少し何かを自分にもたらすかも知れません。それにわくわくしてます。楽しみ。